2015年5月26日火曜日

(投稿)ご本尊・・・KK時代の反省⑤ 


 
(紹介)ご本尊はその教団の教祖の波動や教団の集合想念に通じていきます。したがってご本尊に祈ると、その集合想念を呼び寄せます。問題は、その教団の想念が清らかなものであればいいのですが、欲念や阿修羅的な想念が渦巻いていた場合、それを呼び込むことになることです。そうなると信者のエゴや心の暗黒面が増幅されていくことになります。Wさんが嫌な経験をされたのは、そういう背景があるからだと思います。

 

(投稿)

私が入会して、何年か経った時に、家庭用のご本尊が出ました。

とても高額なもので、私にはとても手が出ない代物でした。

しかし熱心な信者であった父が、貸与してくれました。

素手で触ってはいけない、自分より高い位置に飾ること

等といった細かな指示を言われました。

 

開けてみれば、顔写真が綺麗に飾ってあるモノでした。

今にして思えば、写真と額で、1万円しないかも、と思いますが

当時の私は、「ありがたい」というより、「恐れ」がありました。

何か、いつも見られている気がしていたのです。

でも、それだけ「霊力が高い、ありがたいもの」であると思って飾っていました。

 

他のグッズも合わせて、小奇麗に飾っておりました。

その部屋は客間で、普段はあまり使っていない部屋でしたので

家族もあまり気にしていないようでした。

しかし、私は威圧感を感じ、恐れがあり、それがご本尊の力と思っていました。

 

当時の私は、ご本尊に対して、ただの写真とは思えなかったのです。

恐れから来る崇拝と言うのでしょうか、

これがご本尊なのかという畏怖がありました。

捨てるどころか、粗末に扱うことも出来ない状態でした。

 

脱会して、改めて見ると、それはただのブロマイドです。

ブロマイドに大金を支払って(私は貸与でしたが)、

有り難く拝んでいるのです。

しかし多くの会員さんが、そのブロマイドを有り難く崇拝しているから、

その想念が働いて、ご本尊があると、

その想念に取り込まれるかもしれません。

今は、そう思います。

 

脱会時に、ご本尊は父に返しました。

発病以来、自室に飾って一生懸命にお祈りしてきました。

朝夕、欠かさずに私の病気が治りますようにと、お祈りしたのです。

その時の私は、自己保身の塊で、エゴの塊でした。

とにかく病気を治したい、何とかしたい、それだけでした。

 

祈りはじめた最初の頃は、祈り終えると高揚感がありました。

ECのご加護で私にも光が届いた、病気は治るだろうという

そんな気持ちが溢れていました。

しかし、それは直ぐになくなり、次第に不安と絶望感が

心を支配するようになりました。

同時に、クラック音などの奇妙な現象が起こりだしました。

これは私のエゴがご本尊で増幅されたのかも知れません。

ご本尊は、自分が気が付かないうちに、

自分のエゴや心の暗黒面を増幅させる、

そんな恐ろしい代物だったと、今は思います。(W)

0 件のコメント:

コメントを投稿