2015年4月29日水曜日

(投稿)自己陶酔・・・KK時代の反省①


 


(紹介)

「幸福の仮面」を書いてくださったWさんが、続いてKK時代の自己反省を投稿してくださいました。KK時代に身につけ、増幅してしまった心の垢、心の癖を発見し修正するという営みをWさんはされています。そのきっかけはWさんが病気になったことでした。病気を患ったWさんは、今までの心の過ちとKKの矛盾を発見して教団を去り、専ら反省と心の鍛錬に取り組まれました。

KK教団から去っても、KKで身につけ増幅した傾向性を修正しないと、決して幸福にはなれないように思います。その意味で、KKを去った後に、どう自分を浄化してゆけばよいのかを、Wさんの投稿は一つの示唆を与えてくださっていると思います。Wさんに感謝して、投稿を紹介させていただきます。

 

(投稿)

ネットゲームには、「俺TUEEE」(おれ、つえー)という言葉があります。

「俺TUEEE」とは、ネットゲームなどで意味もなくほかのプレイヤーを倒して無双状態になったりすることです。つまり、「俺はすげえんだと悦に入った状態」のことです。

私はKK時代(K教団の信者だった時代)に、そんな自己陶酔状態ナルシストの状態)にありました。ネットゲームに喩えると、いわば他の弱いキャラクターや新人を見下し、お前たちより強いといきがっていたのです。

この思いは、最初に会社に入った会社で、同僚を見下していた思いと共通します。

 

どうやら、私にはもともと自分の強さ、あるいは他の事で人より優れている部分を見つけて自己陶酔する意識があるようです。

逆に、他の人の欠点や弱点を見つけて、自分の優位性を保とうとする意識も同じです。

 

この意識は、KK時代に増幅されたと思います

KK信仰とは、教祖が神仏より上の神であることを名乗り、信者はそれを信仰する事により一種の「俺TUEEE状態」になることであると思います。

KK時代、私は「光の天使」と言われて「選ばれた者達」と言われて、

自分が入信しない人たちより優れているという優位感を持っていました。

「俺は光の集団入ったんだから強く守られているし偉いんだ」という気持ちであふれていました。

 

子供が長靴を履くと水たまりを歩きたくなるように、私も「魔が怖くない」、

あるいは「魔と対峙できるんだ」という間違った自信(うぬぼれ)があったと思います。

だから、自分から悪い意識を呼び込んでいる状態でした。

この自己陶酔の状態は、休眠会員となってからも同じでした。

なぜならE.C.と名乗るもっとも偉い神様がいると信じていたからです。

KKの活動は抑えているが、自己陶酔・ナルシズムの呪縛から逃れられない状態でした。

 

私がこれを脱出出来たのは、自分が人と同じ、あるいは、人より劣っていると気づいたからでした。

私は自分が病気になったことよって、人より劣って、人並みでなくなった時に、ようやく自己陶酔から冷めて、「一人の人間」に戻りました。

 

私は、反省してみてわかりました。

どうやら私は、人の欠点を探しだしては、「自分がその人より優れていると自己陶酔したい」という思いが強いようです。

 

もっと、私の心の修行が進めば、自分が「神の子」であって、「すべての魂が兄弟である」という、そんな思いをつかむ時が来ると期待しています。

その時に、本当に謙虚になれると思います。

今は、その時を目指して、心を鍛え、反省し、自己凝視を続けていると考えています。(W)

0 件のコメント:

コメントを投稿