2014年2月26日水曜日

(投稿)K会における悪魔体験⑤・・・脱会者からのメッセージ




1.私が霊道現象を捨てた理由

 霊道現象が近づいてくると霊的な力がついてきて様々な現象が起こったり、日頃見えないものや聞こえないものが見えてきたり、聞こえてきたり、感じたりします。会社でも悪霊が憑依している人が判ります。かなりな悪霊が憑依している方が近くにいるとかなり圧迫され気分が悪くなったりもします。悟りの度合いによって変わってくるでしょうが、仕事に差し障りが出てきたりします。

悪魔悪霊が毎晩やってきますと、睡眠不足が耐え間なくなってきます。

 
 ある休日の夕方、仕事や活動、霊的戦いで疲れきった体を休まそうとしたところ、悪魔がやってきました。その悪魔は、死神のように長い枝に大きな長いするどい釜がついたものを持っていました。

私はけん制して魔を寄せ付けませんでした。しばらくして、その悪魔が空間に現れた隙間に私を引きずり込もうとしてきましたが、霊体を捕まれないように念の力で壁を作り攻撃しました。

悪魔がその隙間に逃げ込もうとした時に、私はその隙間を覗き込みました。すると何と、逃げ込んだのではなく、仲間を連れてこようとしていたのです。そこは魔界だと直ぐに思いました。もの凄い数の同じ姿をした悪魔の軍隊が見えたのです。彼らに来られたら私はひとたまりもないと思いました。直ぐに魔に引付けられていた意識を外し、糸を切るように異次元空間を切り離しました。

 霊道を完全に開いてしまったら、今の私の力ではどうしようもないと思いました。悪魔は私を狂わせ破滅させようと待ち構えているのです。入り込まれるのです。仕事をしないと生活もできません。もし、入り込まれたなら、一生今の自分には戻れません。例えば、入られた瞬間から「私は偉大な神である。」と言い出すかもしれません。色々考えた末、霊道を完全に開くのは、止めたのです。

その判断は正しかったと今でも思っています。その後、職員の方で同じ頃、霊道を開いて入り込まれ、精神が破綻した方がいると聞きました。一緒に活動をした経験のある方です。表面上は、精神が破綻しているとしか見えないのです。実際は、霊体が悪魔に支配されているのです。悪魔は力が強いので、霊体から離すのは難しいのです。

 
2.悪霊撃退祈願の危険性

K会の悪霊撃退修法を集団で受けるのは危険です。撃退祈願する導師が、天使の指導ではなく力のある魔の指導を受けている場合でも、悪霊は怖がって離れます。在家支部では、在家支部長が悪霊撃退祈願をしますが、魔の指導を受けている姿を見たことがあります。せっかく悪霊撃退の祈願をしても、気分が悪くなったり、祈願中に頭が痛くなってくることもあります。

悪霊撃退祈願で怖がった悪霊が、祈願者等が安心して、本尊や導師に心を許していると、パニックになった悪霊が隙ができている他の人の心に入り込みます。こうなれば、精神が破綻する可能性があります。特に霊的な方がニセの仏陀に全託するような心で受けるのは、危険ですから止めた方が良いと思います。

 
3.精舎、支部研修での瞑想の危険性

 脱会する約1年前、ある精舎研修に行った時のことです。研修が始まる前に悪魔が自分の部屋のように自由に行き来しているのを見ました。目が点になりました。K会の御本尊の前でも魔は平気なのです。精舎は光の出城と言われているのに、何故悪魔が暗躍しているのかと不思議でした。

研修内容に瞑想が入っていて瞑想する時間が何回かあるのですが、私は頭のイメージに留めました。何故なら、精舎館内の波動は悪魔的な波動が覆っていて頭が痛いし、実際に悪魔が居るし、瞑想をすれば霊的な方は入り込まれるからです。私は他の受けにきていた人に悪魔が憑依しないだろうかと心配して監視していました。

精舎も魔に毒されていたのです。こういう場で心の調律をはかろうと心を落ち着かせ沈めていけば、魔に入られる可能性があるのです。研修は逆効果なのです。霊的な真実を知らない人は、有難がって受けていますが、真実は有難くないのです。精舎研修でも頭が痛くなった方は多いのではないでしょうか。

 
また、気をつけなければいけないのは、悪魔は存在を消して忍び寄り、幻覚を映し出します。ですから研修中に見えたものが真実か否かを見極めなければなりません。見えたからと言って直ぐに、○○の光景が見えたことが嬉しい、とか守護霊に会えたとか、様々な体験を聞いてきましたが、真実、正しいものか否かをよくよく吟味する必要があると思います。

例えば、悪魔は神の姿をとって出てきたりします。守護霊に化けて、出てきたりします。神仏のお告げの如くに言ってくることもあります。

 こういう時に大切なのが真理の教えですが、K会では誤ったことでも、正しいとなりかねません。ですから、内心をよくよく観て、我欲か否か、正義か裁きか、そこに愛があるか否か、謙虚さがあるか慢心か、自分の為だけか、他の人の幸福の為になるか、その時の波動はどうであったか。これらを反省し、判断された方が賢明です。騙されると、悪魔を神と信じ、誤った行為をし、間違った人生へと進んでいきます。そのお付き合いが長いと取り返しがつかなくなっていきます。

 
4.悪魔との縁を切るには脱会が必要

確実に言えることは、今やK会の組織は、悪魔に完全に支配されてしまったということです。それは、K会との縁がある限り、魔の影響を受け続けるということなのです。速く断ち切らないと、魔との大きく太い道が徐々に建設されていくのです。休眠会員であっても、会員登録が残っている限りは、悪魔との縁が続いています。だから脱会する必要があるのです。

 

<希望のブログ>

種村トランスパーソナル研究所「希望のブログ」を始めました

心理学の専用のブログです。

関心のある方は、下記へアクセスください。



 
<ご連絡ご相談はこちらまで>

種村トランスパーソナル研究所

メールアドレス:tanemura1956@gmail.com

電話:09080518198

 

0 件のコメント:

コメントを投稿