2014年1月31日金曜日

(投稿)種村さんがK会内で悪魔呼ばわりされて

(読者の方から投稿をいただきました。会に留まるか退会するかを迷っている方には、特に参考になると思います。)
種村さんがK会内で悪魔呼ばわりされて、大変ショックを受けた者です。

幸福の科学の教えを誰よりも学ばれている方であったと思うからです。そして、この教えを学んでも簡単に転落してしまうのであれば、この教えそのものに大きな問題があるのではと考えてしまいました。

さらに、その前には仏法護持研修がありました。

大川総裁が離婚の正当性を信者に押し付ける大変不愉快な研修でした。

それを思い出すと、そもそも教えを説いた教祖自身がご自分の奥様を守ることが出来なかったことを公にして平気であることにも驚いたのでした。

この事は、この教えを説いている人ですら最愛の妻を守れないということを認めたようなものではないでしょうか。

つまり種村さんが幸福の科学側が言っている悪魔になったとかいうのは、この仏法護持研修と同じで、欠席裁判の上で、この教祖の説く教えに大きな欠陥があり、教団側にとっての都合良い言い分を信者に一方的に伝えただけなのでしょう。

仏法護持研修で多くの人たちが会から去りました。

そして、私も種村さんが除名されたことを知ってから会を去りました。

私から見たら元の奥様を除いたら一番弟子のように思っていた方ですら、この大川総裁は救うことが出来ないからです。教え導くことが出来ないのです

私など末端の信者ですから、もっと救われないだろうと思いました。

ですから、こんな偽りの教祖の教えを学び続けても何の意味も無いだろうと思いました。

さらに言わせてもらえれば大川総裁自身、ご自分を救えないのではないでしょうか?

ベテランの信者でドップリ幸福の科学に染まっている知人は、これらの事実に目を背けています。そして私は根本仏とつながっているからと言って真実を見ようとしません。

このような態度は大変卑怯な態度ではないでしょうか。

欠席裁判をして元の奥様を誹ることをしても平気でいられる大川総裁の影響を受けている以上は、仕方ないことかもしれません。

しかし、私は、そんな卑怯者になりたくないので退会しました。

口先で立派なことを並べられても、その行いにおいて、真逆な大川総裁をこれ以上信じることは自分を裏切ることになるとも思いました

幸福の科学では、「人は皆、神仏の子」と教えられましたが、大川総裁や教団が行っていることは神仏の子を傷つける行いで、それは、神仏を傷つける行いではないでしょうか?

私はそんな愚かなことをする人たちと同じ人種にはなりたくないので退会しました。

まだ居残っている信者の皆さんが勇気を持って真実を見つめ、ご自分の良心に従って行動が出来るように祈っております。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿