2013年9月29日日曜日

依存性人格障害の視点から⑬孤独が苦手



支えてくれる人が欲しい


一人が苦手


依存性人格障害の人は、「一人が苦手で、いつも一緒に時間を過ごす相手を求めてしまう」という傾向があります。というのも「孤独になると、すべてがつまらなく思え、空虚に感じて」しまうので、つい電話をかけて友人を呼び出したり、しゃべることで自分を紛らわそうとするのです。


ですから、「この人なしでは生きていけない」と思いつめていても、その人と別れると、すぐに次の恋人と付き合うようになります。それほど孤独が苦手なのです。誰かとのつながり、一緒にいないと、不安やむなしさが襲ってきて、いたたまれないのです。どうしても「代わりに自分を支えてくれる人」に頼ってしまうことになります。


この場合の恋人の選択基準は、「誰でもいいから自分に優しくしてくれる人」です。従って、周りが見て全然釣り合いのとれない相手と付き合っていることが少なくありません。

 

しがみつく

 「自分からは絶対に分かれられない。相手が分れると言わないと別れることができない。」というのが、依存性人格障害の人です。

こういうタイプの人が信仰や信条でつながった団体に入った場合は、自分から辞めることが難しくなります。そもそもこのタイプの人は、団体に入る目的が、そこで気の合った友人を作りたいからです。したがって、通常はやめる場合も、気の合った友人が辞める場合でないと、自分から辞めるのは難しいのではないでしょうか。

 しかし、逆に信頼している人が辞めた場合、その人もやめることは難しくありません。人間関係でつながっているからです。

 

団体の猜疑心

そのためにある団体では、そこの職員を辞めた人や有力な会員に対して、過度に警戒するということが起きました。その元職員や元会員に影響力があればあるほど、警戒してリサーチしていきます。さらに、その元職員や元会員の影響力をそぐために、団体内でその人への批判や悪口を流します。これはその人が団体を辞めたことで、団体への不信が出ることを恐れるからです。さらにいうなら、その人がもしも団体への批判者に変わった時に、それに追随する人がでてくるのを恐れているからです。

ところが、その人が依存性人格障害があった場合には、いくら冷たくされても必死にしがみついて行こうとします。そこでの人間関係や団体とのつながりを切実に求めている場合は、特にそうなります。

そして、つながりを保つための努力をするので、懸命に奉仕活動をする場合もあります。やはりその奥には、切り離されて孤独になることへの恐れがあるのではないでしょうか。その結果、その団体にいいように利用され、使われていくようになることがあります。

孤独になることがなぜそんなに怖いのか。一人になることが、なぜそこまで不安なのでしょうか。これは自分の心とじっくりと向き合って、孤独への恐怖心の奥に、どんなことを感じているのかを発見する必要があるように思います。
 

<希望のブログ>

 種村トランスパーソナル研究所「希望のブログ」では


人格障害についての全体像を解説しています。

人格障害について関心がある方は下記をご覧ください。
 
http://tanemura2013.blogspot.jp/2014/06/blog-post_26.html
 
 
<ご連絡ご相談はこちらまで>

 種村トランスパーソナル研究所
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com
電話:09080518198

0 件のコメント:

コメントを投稿