2013年7月7日日曜日

(投稿)大自然からのメッセージ

あるがままの大切さ




最近、どうしようもなく緑の中にいることを欲するようになりました。
出来るだけ喧騒を避け、自然と触れ合うように心がけました。

緑は、私たちに、あるがままの大切さを教えてくれます。

以前、テレビで大変興味深い番組がありました。

ある有名女優が、あまりの多忙さにノイローゼになってしまったそうです。
「死ね~!」などの幻聴も聞こえるようになり、自殺を考えるまでに追い込まれました、
あるとき、何気に森の中をさまよっていると、
「あなたは、あなたのままでいいんだよ。そのままのあなたでいいんだよ。」
という声が心の中に響いてきたそうです。
そして、もう無理しなくてもいいんだ、素直の自分のままでいいんだ。
と気付いたときに、幻聴も聞こえなくなり、ノイローゼからも解放され、立ち直ることができたそうです。

文明が悪いとはいいません。
私たちは努力して文明を発展させていく義務があります。
でも、文明が発達していくなかで、私たちが忘れ去って久しいものもあるはずです。

自然は、あるがままの大切さを教えてくれます。
「そのままのあなたでいいんだよ。」 
と優しく語りかけてくれます。

自然がなくなれば、文明は存在することができません。
しかし、文明がなくなっても、自然は存在することができます。
そう、自然は文明を包み込む「母」なのです。

あるがままの自分を大切にすること。

存在するものは、それぞれ個別に分かれているのではなく、全て大いなるものの一部であるということ。

「母」ともいえる大自然からのメッセージに素直に耳を傾けることも大切なことではないでしょうか。
 


0 件のコメント:

コメントを投稿