2013年7月31日水曜日

幸福の科学の植福について⑬…見返りを求める心理


布施の見返り

 

 K会(幸福の科学)では、一方で恐怖心と罪悪感を巧みにあおりながら、他方で布施をすることによる功徳(効能)を強調することで、集金目標を達成しています。

 
 布施は仏教的に言うと、本来は執着を断つ修業であり、慈悲心を育てる行為です。そこでK会でも布施の見返りを求めないことの大切さが、経典や祈りの中で強調されています。

 しかし、実際には「見返り」を強調するだけでなくそれを制度化しています。その結果、信者は見返りを求め期待する気持ちを抱くようになります。純粋な思いで布施したように見えても、心の底では見返りを期待しています。

 

見返り・・・あの世の見返りは10

 

 まず最初に期待する見返りは、K会で布施をすることにより、布施した金額の十倍の豊かさをあの世で得ることです。これはこの世でなした善も悪も、あの世では10倍の報いを受けるという説に基づいています。

 ですから、布施をしつくして貧しくなってあの世に還っても、あの世に行けばその10倍の豊かさが与えられると信じますと、気持ちは豊かになれるのです。

 勧める方から言うと、これは「銀行の利子はわずかだけれど、K会にお金を出すと元本の10倍になって返ってきます。」と主張できます。しかも「ただし受け取るのは死んでからです」ということなので、「この世的な執着を持たない」という教えと矛盾しないことになるのです。

 実際にそうなるかどうかは誰も確認していません。もし違っていても、死んだ人からはクレームが来ません。つまりいくら強調しても、責任が問われる心配がないのです。

 なお、この説を裏返すと、この世で金持ちでも、布施をしていない人はあの世では貧しくなるのです。信者はあの世で貧しくなることを恐れ布施します。またこの世では布施した結果貧しくなっても、布施していない金持ちより豊かになれると信じているので、内心では優位性を味わうことができるのです。

 

見返り②・・・次の転生で金持ちになれる

 
 K会に布施すると、あの世で10倍の豊かさが与えられるとともに、次に生まれ変わった時に金持ちになれると教えます。今の人生で貧しいのは、過去の転生で十分な布施をしなかったからでしょう。しかし今世十分な布施をすれば、次の転生では金持ちになれますと説きます。

 これも縁起の理法の応用です。今世、布施をするという功徳を積めば、次に生まれ変わった時には豊かになれると信じることで、布施をして貧しくなっても、それが気にならなくなります。

 この説を逆にすると、布施をしない人は、次に生まれ変わった時に貧乏に生まれることになります。「次の転生で貧しくなりたくなかったらしっかり布施をしなさい」というと、これは宗教的な脅しです。

 

見返り③・・・天国にいける

 
 K会では布施をすると天国に生まれることができると教えます。これは根本経典『仏説正心法語』で、施論・戒論・生天論が強調されているからです。布施をして戒律を守ると天国に生まれることができるという教えです。

 この教えを逆に使うと、「布施しない人は天国に行けない」という脅しとなります。根本経典を示しながらこう言われると、天国に行きたい人は一生懸命に御布施をすることになるでしょう。実際にトークを脅しに使って、布施を集める支部長がいました。

 

 以上の見返りは、いずれも今世に得られるものではなく、あの世に還ったときとか、次に地上に生まれ変わるときに得られるものです。これを強調する利点は、結果の確認ができないことです。だからいくらそれを強調しても、そうならなかったという責任が問われません。

 しかし、これには弱点があります。確認できないので、インパクトが弱いのです。従ってこの世的な見返りが必要です。K会では布施の見返りを制度化しています。それを次に見ていきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿