2013年5月30日木曜日

(投稿)大川隆法引退勧告


早く引退してほしい

(紹介)
投稿をご紹介します。言葉遣いにやや激しいところはありますが、投稿者の気持ちがでているので、あえてそのままにさせていただきました。


(投稿)
 
私が今大川隆法に、望んでいることは、「早く引退して欲しい」ということです。

あはは。

 
もう、幸福実現党なども出る必要がありません。

 
一般の良識ある人は、誰も幸福実現党になど票を入れません。

そういうことを分からない馬鹿が、騒いでいるのだと思っています。
 

で、「金、金」になってしまった組織の改革は、後継者の子供たちには

無理です。

 
いつかの時点で、「これを改革せねば」という気運が出てきて、

信者もそうだ、そうだ、になったときに、改革されるかもしれませんが、

大川隆法と子供たちの時代では無理だと私は思っているのです。

 
もう、邪教化してますので、早い人はとっくの昔に気がついて

脱会しています。

2009年の馬鹿選挙騒動、離婚騒動、種村騒動、再婚騒動

で、遅い人は気がついてやめますが、これでも気がつかない

信者というのは、「まぬけ」なのであります。私からすると。

 
だから、自己責任ということで、ほっておくしかないのですが、

こういう信者たちが、伝道をしてしまい、「新たなる被害者」が

出てしまうことだけが、実に腹立たしいのであります。

 
だからもう、「隔離」されて、ひっそりとやっていただくしかない

と思っているのですが、本人たちは「正しい宗教」を主張し、

聞く耳もたずで、幸福の科学を批判する人たちを、全部

「悪魔視」してしまいますから、もう手がつけられません。

 
いったん作ってしまった組織ですから、つぶれることは

ないと思いますが、創価学会のような恰好で、後世残っていくと

思います。

(次回に続く)

 

0 件のコメント:

コメントを投稿