2013年1月18日金曜日

自己愛性人格障害の視点からの検証(8) 共感能力の欠如

 
共感能力の欠如

誇大的な自己像を思い描き、その空想的な思い込みの世界に浸っている。他者と関係を持つにしても、それは自分の自尊心を支えるために人を利用している傾向がある。本当の意味で他者に共感したり、思いやりを持ったり、感謝したりすることができない場合が多い。(もっとも言語的表現力がしばしばあるので、うわべだけの思いやりを示すことに長けている)。表面的な適応はさておき、他者との現実的な信頼関係を持つことができない。自己愛性人格障害の「臨床像」⑦

 「誇大的な自己像を描き、その空想的な思い込みの世界に浸っている」というのは、会員全体がその傾向を持っていると思います。その中心にいる大川氏の思い込みの磁場が、それだけ強烈で、数千人の人を巻き込んでいると思うのです。そこで非常に独りよがりの独善的な言動が目立つようになります。これは加速的にひどくなっているのではないでしょうか。熱心な活動会員の家族からよせられる相談を聞いていると、特にそう感じます。

「他者との関係を持つにしても、それは自分の自尊心を支えるために人を利用している傾向がある」というのは、大川氏の人の使い方を見ると感じることです。妻との離婚騒動に子供を利用したのは、非常に問題だったと思います。片方の親が相手を批判するために、子供を巻き込むというのは、家庭が問題を抱えるときによく見る症状です。家族療法ではこれを、問題解決能力を失った病んだ家族関係であるとみなします。

また、社会経験ゼロの長男を理事長職に付かせ、すぐに挫折させるというのは、首をかしげる人事です。20代の女性職員を理事長にするのも同様です。自分の言うことに無批判に組織を従わせるためだけの人事に見えます。そして総裁の法話や霊言には高額の価値があると言わせて、一回10万円とか5万円の対談や霊言を精舎等で聞かせて、会員のひんしゅくを買い、誰も集まらなくなったりしています。これは会員の方がどれだけ経済的に切り詰めて活動したり法話を聞いたりしているかが全く理解できていないという、共感能力の欠如をさらけ出したような出来事でした。
要するに自尊心を支えるために「利用」しているに過ぎないのではないかという疑問が沸くわけです。特に家族や秘書の若い女性たち、側近幹部たちの過去世認定は、外からはそうとしか見えないのです。嘘の場合は、いずれ馬脚が現れてしまうでしょうから、その場合は本人にとっても教団にとっても大変惨めな結果に終わるのではないかと心配しています。

 幸福の科学では職員であるだけで、会員から「特別な存在」であるとみなされます。今は少し価値が落ちているとも聞きますが、初期の頃は特にそうでした。そこから職員は、実力不相応な誇大な自己評価をするようになり、高すぎるプライドを持つようになりがちです。「自分は一般の会員さんや、まして一般人とは違う、特別の尊い存在なのだ」と言う気持ちが生まれるのです。

こうなると対等な人間関係が築けなくなり、知らず知らずのうちに、「上から目線」になって、周りの人は「自分を支えてくれる人」だと見なすようになります。そして「やってもらって当然」という気持ちが出てきます。こうなると、相手に「共感的に理解」することができなくなります。

還俗して、ただの会員になっても、日常の人間関係を、伝道やお誘い、献本などに利用できる関係かどうかで見るようになります。本当に相手を受容して共感的に理解することはできないのです。相手の苦しみや気持ちを共感的に理解しようとしないで、こちらの要求を受け容れてくれるかどうかに関心の中心がおかれます。

これらの傾向は、自己分析して気がついたことです。特にカウンセリングの実践を通して、会員の心の傾向がはっきり見えてきました。幸福の科学の職員や会員は、非常に「他者受容」ということがむつかしいのです。何故なら、会った瞬間に相手の霊格や憑依の有無、裏側か表側かを判断するからです。これでは受容ができません。裁きへとつながるからです。さらに職員には職員特有の、会員には会員特有の特別意識があり「空想的な思い込みの世界に浸っている」ために、共感的な人間関係が育ちにくいのです。これが幸福の科学の人間が社会的に孤立していく本当の理由だと思います。



<希望のブログ>

 種村トランスパーソナル研究所「希望のブログ」では


人格障害についての全体像を解説しています。

人格障害について関心がある方は下記をご覧ください。
 
http://tanemura2013.blogspot.jp/2014/06/blog-post_26.html
 



 




 
 
<ご連絡ご相談はこちらまで>
種村トランスパーソナル研究所
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com
電話:09080518198


 

0 件のコメント:

コメントを投稿