2013年12月16日月曜日

投稿・サイコパス

ある教祖を検証してみると

(紹介)

ある匿名希望さんから、興味深い投稿をいただいた。
私もカルトの教祖にもこの種のタイプが多いことを聞いてはいた。
この方はご自分で、サイコパステストを使って、その教祖の方を診断されたそうである。
洗脳問題には大きな意味を持つテーマだと思いますので、紹介させて頂きます。

(投稿)

最近、ある教祖の人格を漫然とおかしいのではないか、と思っていたらネットで、その教祖はサイコパスではないかという記述が目に付いた

ちょっとネットで調べてみると、以下のように説明があった

精神病質
・良心の異常な欠如
・他者に対する冷淡さや共感のなさ
・慢性的に平然と嘘をつく
・行動に対する責任が全く取れない
・罪悪感が全く無い
・過大な自尊心で自己中心的
・口達者

エミール・クレペリンによるとサイコパスのひとつに「空想虚言者」という類型がある。

1.【想像力が異常に旺盛で、空想を現実よりも優先する】
一見才能があり博学で、地理・歴史・技術・医学など、何くれとなく通じていて話題が豊富であるが、よく調べるとその知識は他人の話からの寄せ集めである。
2.【弁舌が淀みなく、当意即妙の応答がうまい】
好んで難解な外来語や人を脅かす言説をなす。
3.【人の心を操り、人気を集め、注目を浴びることに長けている】
自己中心の空想に陶酔して、他人の批判を許さない。
自ら嘘をついて、いつのまにかその嘘を自分でも信じ込んでしまうのである。

----------

自分の女性秘書を過去世の妻と称して関係を持ったり、元弟子の中傷をあたかも真実であるかのように吹聴するなど、良心的な人間ならまずありえないことをしている
方便だったと称して教義の変更も頻繁に行なっている
多くの面で該当するのではないか

以下のサイトで、その教祖のサイコパス・テスト(診断)をしてみたら

 サイコパスとは何か?
サイコパス・スコア 3040
対象者は
サイコパスである
と診断されました

と出た

ちなみにサイコパスの対処方法として、説明では距離をとる以外ないとしている

こういう教祖のもとにいる信者さんは、冷静に考えてみて、距離をとることをお勧めする

<希望のブログのご案内>

種村トランスパーソナル研究所の
専用ブログ「希望のブログ」はこちにアクセスください。
http://tanemura2013.blogspot.jp/
 

1 件のコメント:

  1. 例えサイコパスにも仏性は宿っているとしても、
    それは、彼らの中にも良心や愛情というものが人並にあるというわけではなく、
    性善説や一般的な倫理といったものとは違う側面からの真実を表すアンチテーゼ的な役割を担っているを思っています。

    故に、サイコパスという、人間の異常性を示す存在は、人々の関心を引き付け続けるのでしょう。

    問題は、サイコパスに比べてそれらの良心や愛情を持っている普通の人が決して安全というわけではなく、
    むしろそういう人達こそ、到底理解しかねるような動機や狂気で、果てしなく愚かな行為や凶行を犯しかねないこともあるということだと思います。

    返信削除