2012年10月2日火曜日

霊的体験に学ぶ⑤ 幸福の科学を支援する悪魔がいるらしい?


悪魔が気に入らないこと

(解説)

千乃風(せんの・かぜ)さんが私に注意を呼びかけるメールを送って下さいました。彼女の幻聴で、私を攻撃する意図を述べてきたと言うのです。親切な警告に感謝して読ましていただきました。これを頂いたのは9月6日です。
さて、千乃風さんは幻聴を分析して、幸福の科学を支援している悪魔の存在を突き止めましたといいます。幻聴の内容を分析すると、どうしてもこういう結論を出さざるを得ないというのです。こうした分析結果には、独特の説得力があるように思います。
彼女は幸福の科学の霊的被害を受けてこられましたが、その苦しい体験を智慧に変えることで、同じように苦しむ人々の助けになりたいと願っておられます。私がこの方の投稿を出させていただく理由でもあります。この方の苦しい12年間を無駄にしたくないという気持ちが湧いてくるのです。

(千乃風さんの投稿)

種村さん、再び失礼します。

どうか、ご注意ください。

といいますのは、私の幻聴が、「種村め、覚えていろよ」と言い始めました。
幸福の科学を通じて、徹底的に営業妨害してやる、などと言い始めましたので。

2007年、私の幻聴が、レムリアと幸福の科学を相争わせると言っておりましたが、
そういうことですので。

で、「種村はけしからん。『舎利弗の真実に迫る』講義で、この女が感じていた大川の嘘を暴いてみせやがった。この女に確認させやがった。大川は負けた。幸福の科学元指導霊のご見解の記事で負けた。ファルコン告発で負けた。アイマイミー告発で負けた。文殊菩薩との対話で負けた。種村事件で負けた。大川は負けた。ちくしょうめ」と言い始めました。

ですので、ご注意ください。

私のところにいるのが、霊だとすれば、そして悪魔だとすれば、その背景に色々なものがあると推定しております。

ですので、私は注意を呼びかけたく思っております。
詳しいことは言いません。
ご注意くださいと申し上げます。
種村さん、私のところに現れている幻聴が、悪魔のしわざだとすれば、の話ですが、私の意見を述べます。

これは、間違いなく、2001年に来ました。
それまでにも、私は悪霊を呼び込んでいるかとは思います。
しかし、今経験しているものは、間違いなく2001年からのスタートです。

これは「幸福の科学を応援」する悪魔です。
サタンではないと思います。

大川氏が「きらいではあるが、大川氏がサタンにやられたのを見て、大川氏を応援する悪魔」です。
大川氏がダメになれば、大川氏を通じて、「世界支配」ができるとよろこんでいる悪魔です。

そして、今まで大川氏をエル・カンターレだと思っていた悪魔です。

私のところに聞こえた幻聴の数は、2007年6月まで「複数」あったのです。当時は5-6人の声に苦しめられておりました。
で、私は「幻聴対策」を、6月頃たてるのです。
この時、相当苦しめられ、げーげー吐いています。

で、この幻聴対策の効果があって、その直後から声が一人に減るのです。

ところが、2007年から2009年まで一人の声を相手しておりましたが、2009年幸福実現党選挙を見た時に、「一時的に複数の声」に声が増えてしまいました。

ですから、何か一時的に呼び込んだと思っています。

その後、2010年以降はまた一人となりました。

「幸福の科学問題だけでお前を苦しめたいのだ」という主張で、私がやっている短歌などは、応援しているよ、などといって興味ない様子ですし、他宗教にも興味ない様子ですし、過去のさまざまな出来事で私を苦しめたことはほとんどありません。

どうやら、幸福の科学のことだけで、私を苦しめたい様子です

「大川氏の様子がおかしい」ことを私がつかんでいることが、気に入らない様子なのです。
大川氏の「真実」を私が知るのが気に入らないみたいだということは、大川氏を応援する悪魔なのです。

で、悪魔仲間がいるといっていますので、どうやら幸福の科学に暗躍する悪魔がいる様子です。

2001年正心法語のCDをずっとかけていて、どうも大川氏の言霊の念の方向性へと私がひっぱられたように思います。そのとき、来たんだと思います。

そう考えれば、この悪魔の出所は、大川氏の念の方向性の延長に住み着く悪魔です。

正心法語はいばりくさって大川氏が読んでますので、それと同通する悪魔です。きっと。

幸福の科学にやたら詳しいという統計が出ております。私が忘れていた事柄が出てくるからです。

今日、幻聴の声の内容が変化し、種村め、などというようになりました。
ですから、私が種村さんの「『舎利弗の真実に迫る』講義」で、「ね、やっぱ偽物の守護霊でしょ。ね、やっぱ過去世操作してるでしょ。」と確認してしまったことが、気に入らないようなのです。

ということは、「大川氏の真実があばかれることが、気に入らない悪魔」なのです。
ただ今のところ、そんな見解です。

で、私がしょっちゅう「幸福の科学に帰れ、こら」といっても、「いや、あそこに帰らない」といっていたのに、今日あたり、「大川のところに帰るよ」と言い出しました。

で、また今後変化しましたら、お知らせします。

そして、それが「証拠証明」となれば、「幸福の科学を魔が応援」している過程もつかめるやもしれません。
では。

<希望のブログ>

種村トランスパーソナル研究所「希望のブログ」を始めました
心理学の専用のブログです。
関心のある方は、下記へアクセスください。
http://tanemura2013.blogspot.jp/
 
<ご連絡ご相談はこちらまで>
種村トランスパーソナル研究所
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com
電話:09080518198

0 件のコメント:

コメントを投稿