2012年10月19日金曜日

霊的体験から学ぶ⑪ 大川隆法氏がおかしくなっていくプロセス

 「信者もひきづられて、地獄に行く可能性が出てまいりました」

(解説)

千乃風(せんのかぜ)さんの今回の投稿は、時系列的に大川隆法氏がおかしくなっていくプロセスを、彼女のインスピレーションでたどった内容です。そして、そのインスピレーションを彼女が検証した結果を書いてくださっています。幸福の科学が何年にどういうふうになる危険性が出ていたのかが、これを読むと理解できます。
あくまでもこれは一つの意見に過ぎないわけですが、私が検証してきた結論と、結構一致する部分があるように感じています。千乃風さんは大川氏の転落の最大の原因を「」であると言います。そしてサタン(ルシファ)が大川氏を指導しているのではないかと、推定しています。彼女の幻聴との格闘から生まれてきた意見です。
読者はご自分の幸福の科学体験に照らしながら、ご自分の感覚と一致する点、不一致の点を確認されればいいのではないかと思います。あくまで一つの霊的体験から生まれた率直な意見として、いくつもの考え方の一つとして受け止めていただければと思います。

なお、千乃風さんは投稿の最初から比べると、随分心境が進んでこられたように感じています。カウンセリングでは、自分が抑圧してきたものを文章や言葉などで表現することを「吐き出す」といいます。千乃風さんがこれまでの経験や幻聴でのやり取りを書かれるうちに、吐き出しが行われ、心の中のネガティブなエネルギーが吐き出されたと思います。それによって心の浄化が進んだのではないかと思います。

ただし、こうしたことはゆり戻しがあったり、色々変化は起きると思います。そうした時でも、決して希望を失わない限り、必ず道は開けると思います。明けない夜はなく、嵐もいつかは必ずすぎてゆくからです。

投稿はこうした効果を持つことがあります。同じように苦しい経験をされている方も多くいらっしゃると思いますが、誰にも言えない苦しみは抑圧され、ネガティブなエネルギーは潜在意識に蓄積されていきます。そうするとうつ病にもなりやすくなります。どうぞ遠慮なくそうした苦しみを、私の方へお寄せ下さい。遠慮はいりません。

私へのメールは次のアドレスをご利用下さい。tanemura1956@gmail.com

(千乃風さんの投稿)

1.1992年から黄色信号が点滅を始めた

私のインスピレーションと実際の幸福の科学について起きたことについてのことを書きます。

私は1992年頃、「大川氏が途中でおかしくなったらどうするのか」というインスピレーションがふってわきました。で、組織を離れるほうがいいというインスピレーションだったのですが、やめようとしてひきとめられるままに、ずるずるいてしまいました。

結果的に、最近大川氏は変になりましたので、これは見届けました。私の懸念は的中です。

次に、1994年、太陽の法書き換え時に、「この人は本音と建て前が違う」と思いました。
で、「霊界情報で印象操作している」との懸念を持ちました。

次に、1997年頃、大川氏の様子が変だ。啓示おりてるのかな、500名の指導霊はどこへという疑問がわいてきました

次に、朝日新聞社長の守護霊のインタビューを見たときに、守護霊はにせものだ、守護霊情報で操作しているとの懸念を持ちました

これは、種村さんの一件でみとどけました。

次にネットで、きょう子さんの過去世変更および大川家の子供たちの過去世発表があったときに、過去世をいじくって、印象操作していると思いました

また1996年頃これから幸福の科学は金、金となるだろうと思いました

これらすべてのことを、私は実際に確認し、見届けました。

ですので、私はすべて確認をし見届け、重い荷物をおろした気分でおります。

かくなるうえは、「脱会促進」でございます。もう何の迷いもためらいもありません。
脱会促進を切に希望いたします。

2.幸福の科学はもっと悪くなっていく

今後の予測ですが、この組織は今後もっと悪くなるだろうとの予測をしております
ですので、早めに脱会をされたほうがいいと思っております。

今後、幸福の科学のことを見ることはありません。見ると気分悪くなるので見ない予定でおります。

職員の洗脳をとくのは困難かと思いますので、「末端信者」から、抜け出していかれる方策のほうがベターかなと思っております。

最近の霊言は、私の印象ですが、「明らかなる意図」をもっておろされています。
初期の霊言は「素朴に高級霊の霊言をおろしただけ」のものですが、最近の霊言は明確な意図をもっておろされている気がします。

ですので、「何の意図でこんな霊言をおろすのかな」と考えれば、大川氏の隠された本音を垣間見ることができることでしょう。

私はいちいち、チェックしたくもないので、ほったらかしです。

大川氏の過去世認定は、もう信用しないほうがベターです。すべて間違いとも言えませんが、現在のものはもうだめです。

それから宇宙人情報も、ちょっと信用しないほうがベターです。確かに宇宙人はいると思います。
そのうち当たっているものもあるかもしれません。
しかし大川氏がおかしくなっている今、宇宙のことなど、とんでもないのです。

悪霊や悪魔の霊言は、近寄らないほうがベターです。気分悪くなること間違いないですから。

それから大川氏は日本神道を軽蔑し、本音は天皇を追い出したい方なので、天皇家および
天皇制の発言はうのみにせず、「ここに隠された意図は何かな」という見方をされたほうが
いいかと思っております

それから選挙を続けるたびに、資金が必要ですので、今後も金、金と言い続けることでしょう。
選挙に落選するたびに、信者はがっかりし、その繰り返しをすることでしょう。
民主党をたたいておれば、あるいは橋下知事をたたいておれば、おはちが幸福実現党にまわってくると思っているのが、幸福の科学かと思いますが、いかんせん、世間の意識はさほど幸福の科学には向いていないわけで、そう簡単にはいかないものと推測されます。

子供たちの時代に、幸福の科学が良くなるかとのことですが、正直いって私には分かりません。
しかし、大川氏がひいたレールがある程度固まっておりますので、これをすぐ改革することは困難だということが一つ。

それから、大川家の子供たちは霊格は高いのかもしれませんが、世間を知らない「教団純粋培養」の人間で、若いときから、職員にちやほやされてきており、大川氏の洗脳下にあります

ですので、子供たちの時代に、幸福の科学が良くなることは、今のところ私には未知数であり、さほど関心もないといったところです。

3.脱会すればきっと人生はよくなる

一番の洗脳解きは、「大川氏の真実に迫る」ことです
大川氏の真実を分析すれば、比較的簡単に洗脳からとけて、脱会できます
職員がきらいでも、あるいは組織がきらいでも、大川氏だけは信じていると、
脱会がむずかしいです。

ですので、種村さんの「舎利弗の真実に迫る」講義ブログのようなものをみて、大川氏分析ができれば、大川氏の謎解きがかなりすすみ、脱会促進になるかと考えます。

脱会しても、「アフターケア」の心のケアが必要です。長くやった人ほど、時間もお金も注ぎ込んでいますので、「今までの人生はなんだったのか」といって、心がさまようことになるのです。

かくいう私も、「まったく私の人生は何だったのか」と思いました。
それはそうです。この12年、幸福の科学の幻聴で苦しみましたので。

ですので、幸福の科学の良い側面」と「幸福の科学の悪い側面」の棚卸をし、悪い側面を教訓として整理をつけられればいいかと思います。

私は今、脱会して心より良かったと思っており、何の迷いもありません
しかしながら、脱会後数年は、心がさまよってしまったりすると思いますので、それは「退会者が皆たどる道」だと思って、これから脱会される方が、乗り切られることを祈念します。

私は自分の周辺には、「幸福の科学にはいらないように」とさりげなくいっています。
これで、私の周辺から入会者が出ることはありません。

これ以上の被害者を出さず、幸福の科学には申し訳ないけれど、「ほそぼそ」とやっていただくしかないかなと考えております。

教祖が地獄行の可能性が出てきた

「一番の悪い要素」としましては、「教祖が地獄行の可能性が出てきた」ということであります。
教祖が地獄行の可能性は、最近感じております。特に選挙後から感じ始めました。
このままいくと、ちょっとなあと思い始めています。

現時点での私の見解は、「地獄か天国かわからないなー」というようなものです。
ただし、このままやり続けると、地獄かもしれません。
そうすると、信者もひきづられて、地獄に行く可能性が出てまいりましたので、
もう関わらないほうが、ベターかと思っています。

大川氏がやられた悪魔とは、私個人の見解では、サタンです。
大川氏の「」につけこんだような印象を受けております。

今現在大川氏が地獄行か天国行かは、私は神ではないので言い切ることは
できませんが、かなり雲行きあやしくなったと思っております。

かくいう私も今のままでは地獄行です。人のこといえたぎりではありません。(笑)

ま、これが素直な感想であります。

幸福の科学信者は、「良いことをしている」と思って、伝道するのですが、今はこれが「あべこべ」になってしまったのです。「かつては伝道はいいことであった」のですが、今現時点では、伝道することは必ずしも良いことではなくなってしまいました

そういうことで、私は「すべて確認」をし、大川氏の先行きが「あやしい」ため、脱会のお手伝いとさせていただきます。

<希望のブログ>

種村トランスパーソナル研究所「希望のブログ」を始めました
心理学の専用のブログです。
関心のある方は、下記へアクセスください。
http://tanemura2013.blogspot.jp/
 
<ご連絡ご相談はこちらまで>
種村トランスパーソナル研究所
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com
電話:09080518198

0 件のコメント:

コメントを投稿