2012年9月17日月曜日

深層潜在意識との対話10 降魔型エル・カンターレ像

降魔型エル・カンターレ像の「霊的な意義」

私の深層潜在意識をS、私の表面意識をTとして、自己対話により、考察を深めたいと思います。

T 昨日投稿してくださった方が、降魔型エル・カンターレ像についての問題点を指摘されているのを見て、私自身の過ちを思い出しました。
私は降魔型エル・カンターレ像が普及され始めた頃、ある教室で心理学を教えていました。たまたま生徒さんに幸福の科学の信者の方が多かったので、私はその方々にだけは、降魔型エル・カンターレ像の推進にモチベーションを与えるような話しをしました。
それは中国の民衆が戦後一貫して反日教育をうけているので、中国国民の意識に蓄えられた偏見の集合想念がすさまじいまでに猛威を振るう恐れがあること。その抑止のためには、それを打ち消す集合想念を結集する意味で、降魔型エル・カンターレ像のような象徴が効果を持つのではないかという考えを伝えました。宗教的な説明は一切控え、心理学的な説明だけを試みました。しかし、バックボーンには、陰陽師の安倍清明の霊言での日本の防衛のための結界作りの必要性についての話が念頭にあったのは事実です。
 所属する支部でも、私は降魔型エル・カンターレ像を強く推進すべきだと、会員さんに強く訴えました。そのために布施の推進が比較的急ピッチで進んだことがあり、支部長から感謝されました。降魔型エル・カンターレ像が支部に入った時には、支部長から是非とも挨拶するように言われ、支部の信者さんの前で話したことを思い出します。
 しかし、私はこれを激しく悔いています。やるべきではなかったと、強く思っています。私の汚点です。ですから何が間違っていたかを反省し、明らかにしたいのです。それを通して問題点を読者の方にも知って欲しいのです。

S 私はあなたがそれを推進されているのを見ていて、非常に困った事になったと思いました。そのために、あなたの知り合いにインスピレーションを降ろして、その推進をストップするように仕向けたのですが、あなたは我を張って、聞く耳を持ちませんでした。大分経ってから、あなたが別の方に私の意見を聞いてくれたので、やっと私はあなたに「降魔型エル・カンターレ像には反対である。それには邪な念が付着しており、推進してはならない。」ということを伝えることが出来ました。それでようやく、あなたは過ちを悟ったのです。あなたは本当に頑固でした。
確かにあなたが言うように、中国の民衆の心に蓄えられた反日感情という偏見は、ものすごいエネルギーを持つでしょう。しかし、それを防ぐのに、本当に降魔型エル・カンターレ像が有効であるという証明が出来るのですか

T 私は、当時はまだ大川隆法氏は、決して間違ったことはしないと信じていました。それで、当時の教団幹部たちが考え出した降魔型エル・カンターレ像が中国や北朝鮮の脅威から日本を守るという説明を受け容れたのです。何故受け容れたかといえば、この説明を組織を挙げて行っている以上、大川隆法氏もこれに認可を与えたはずで、そうであるならば、それが真実であるに違いないと思い込んだからでした。
 しかし、多少は疑問もあったのは事実です。安倍清明の霊言では、中国や北朝鮮に面する地域に精舎を建てる事で、日本の結界を強化すべきだということでした。それが教団の説明では、日本中に降魔型エル・カンターレ像を置くという事にすり変わっていました。
しかし、私はそういう説明をする以上は、大川隆法氏はこの像にそういう霊的な役割を持たせているに違いないと思っていました。また、皆が日本を守る思いを結集することで、本当に日本を守れると思ったのです。
 ところが、私はびっくりしました。総本山での質疑応答の時に、熱心に降魔型エル・カンターレ像を推進してきた女性が、この像の霊的な意義を直接大川隆法氏に説明してもらいたくて、質問したのです。ところが、大川氏は降魔型エル・カンターレ像の霊的な意義には一言も触れず、単に中国の脅威を解説したに過ぎませんでしたそれを見て、私は幸福の科学の説明は嘘だったということを知ったのです。あれは単に当時の教団幹部が、金集めのために考え付いた説明にすぎなかったのです。それを金が集まるなら問題がないということで、何の根拠もない説明を許してきたのが大川氏だったということが分かりました。金集めの手段に過ぎなかったのです
 その後、私はこういう話を聞きました。心が綺麗で、霊的なことを感じ取る力のある子供が何人も、降魔型エル・カンターレ像の前に行くと、とても怖がったり、変なものを感じて嫌がるというのです。私は思いました。お金集めのために、嘘をついて信者さんを騙して入れた降魔型エル・カンターレ像なので、動機の不純さからそうした悪想念をこの像が引き寄せるのだろう。だから、本当に悔やんでいます。
 メールの投稿者も書かれていましたが、総合本部の入り口のところには、確かに巨大な降魔型エル・カンターレ像が、玄関を入ってすぐのところに立っています。総合本部の職員は、この前を通って建物の中に入るわけです。もしこの像に、中国の悪想念を跳ね返せるだけの霊的なパワーがあるなら、幸福の科学の総合本部の職員には霊障の人がいないはずです。
 ところが、これは精舎や支部で大川氏が職員の霊的指導をしているDVDを見て知ったことですが、総合本部の職員が結構、動物霊や宗教霊などの悪霊に取り憑かれているのです。毎日、大きな降魔型エル・カンターレ像の前を通っていても、そうした悪霊には全く通じないのですということは、中国の悪想念がきても、この像にはそれを跳ね返す結界を作る力がないということの証明になります。
 信者の皆さんは、本気で日本を守りたいという熱意で植福をされたと思います。私も、純粋な気持ちで推進しましたし、自らも10万円の植福をさせていただきました。しかし、この像に霊的効果がないことは総合本部の職員が証明しているし、大川氏もこの象の霊的意義を一言も説明できませんでした。それを勝手に思い込んで推進したということは、本当に私が馬鹿であったと思います。

S 肉体を持つと、霊的な真実が分からなくなります。そのためにあなたは間違いを犯すのです。しかし、あなたも支部に入った降魔型エル・カンターレ像を見て違和感を感じたはずです。霊的な崇高さも、降魔の霊的な力も何も感じなかったので、あれっ、と思いましたね。それで仕方なく、当たり障りのない挨拶をあなたはしました。この降魔型エル・カンターレ像の推進は、教団の霊的磁場の悪化に拍車を掛けました。組織を挙げての、詐欺が行われたからです。そこに邪なものの波動が入らないわけはありません。だからそれを敏感に感じる心の綺麗な幼い子供が、複数でてくるのです。
 エル・カンターレ像は教祖とつながっていきます。霊的には大川隆法氏につながるのです。そして幸福の科学を指導している霊的存在へつながっていきます。問題の鍵は大川隆法氏の心境なのです。奥さんを罵倒し、何人もの女性問題を継続的に引き起こし、弟子を罵倒し、悪口を霊言と称して語り、金集めに奔走し、自分は贅沢三昧をする者の心が何処に通じているかは、はっきりしています。悟りをいつわる者の「心」が無間地獄に通じることは、あなたも知っているでしょう。ゆえに、エル・カンターレ像に祈る人に、地獄の霊や悪魔が取り憑いてきます。それが今起きているのです。

T 私は本当に罪深い事をしたと思います。生まれ故郷の滋賀県で支部長をしたときも、子々孫々にこの信仰を受け継いでもらいたいと思い、大乗の御本尊の推進を最も熱を入れて行い、大量に普及させたのが私です。当時は、すでに別の御本尊が各家庭に入っていましたので、大乗の御本尊の推進力は難しく思われていました。しかし私は、各家庭に信仰を根付かせるには御本尊が一番良いと思い、徹底的に御本尊を頂くことの功徳を説いたのです。
その結果、目標をはるかに上回る成果が出て、その結果、私の方法は全国の支部長たちに取り入れられて、全国的に御本尊の普及がなされました。その結果、相当数の信者さんのご家庭に御本尊が入ってしまったのです。
今、こうしたご家庭は、大川氏の悪想念と悪しき霊的世界への通路となっていると思うと、本当に申し訳ない事をしたと悔やんでおります。どうしたらいいのですか。

S だからこそ、神があなたに過ちを修正する機会として、週刊誌や裁判やブログを通しての洗脳解除の仕事をさせて下さっているのです。こうした機会を与えて下さったのです。その事に感謝して下さい。真の釈尊、真の神に感謝してください。
あなた自身が、相当深い洗脳状態でした。ですから、その得意の説法を通じて、多くの過ちを広げてしまったのです。

 しかし、その過ちに気がつき、学んだものが深かった分、その過ちに対して理路整然と反論を加えることが出来るようになっているのです。ですから、既に犯した罪は罪として反省したならば、自らの過ちを多くの人に知らせるために、そして苦しんでいる人に導きとなる言葉を与えるために、あなたは全力を尽くして欲しいと思います。そして、あなたの勇気ある行動で、恐怖心で縛られている人々に励ましを与えて差し上げてください。それがあなたの償いです。その償いの中に真実の心が宿るならば、洗脳で閉じ込められた人々の心を解き放つ力となるはずです。

<希望のブログ>

種村トランスパーソナル研究所「希望のブログ」を始めました
心理学の専用のブログです。
関心のある方は、下記へアクセスください。
http://tanemura2013.blogspot.jp/
 
<ご連絡ご相談はこちらまで>
種村トランスパーソナル研究所
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com
電話:09080518198

0 件のコメント:

コメントを投稿