2012年7月24日火曜日

『舎利弗の真実に迫る』講義50 「信仰は百パーセントを要求する」

「大川・舎利弗 彼は、90年以前の、要するに西荻時代に当会の職員になった」と言っていたけれども、そのころすでに、『仏陀再誕』という本が出ているはずです。そのなかに、『信仰は百パーセントを要求する』ということが述べられているはずですよね。」(『舎利弗の真実に迫る』P234

「舎利弗 彼らは『ここは正しいことを言っているが、ここは間違ったことを言っている』というようなことを書いているのでしょう? そんなことをバラバラにやり始めたら、信仰はやはり成り立たないですね。だから、受け入れるならば、全部、受け入れるべきです。」(『舎利弗の真実に迫る』P237

<解説>

 私が秘書の時代に『仏陀再誕』は出されました。この霊言テープを大川隆法氏から渡され、聴くように指示されました。その後に書籍が出ました。よく内容は覚えています。

 私はこの教えをよく知っています。覚えているのです。その上で大川隆法氏は間違っていると声を上げたのです。なぜでしょうか。彼が女性問題を起こし、それも一過性の問題ではなく、継続的におこし続けていることが、さまざまな情報から疑えなくなって、私が直接被害者から聞いた情報を中心に手紙に書き、大川隆法氏に反省と被害者の救済を求めたのです。ところが、それに対しては事実無根と否定し、私を除名処分とされました。

 この段階で、大川隆法氏が悟りを偽る大妄語の罪を犯していることが、私には疑えなくなりました。悟りを偽り「自分は仏陀だ」という罪は、無間地獄です。この心境では悪魔に取りつかれてしまいます。そうなると大川隆法氏を信仰する人々が悪魔の支配下におかれてしまいます。だから、私は黙って見過ごすことができなかったのです。

 この問題は、教義の矛盾を追及しているのではありません。大川隆法氏の行いと教えの矛盾を問うているのです。私が敢えて行動に出たのは、多くの人を地獄行きから救いたい、新しい地獄を決して広げてはいけないという気持ちからです。


 教祖がどんな状態でも百パーセント信じなさいと言うのであれば、オーム真理教の麻原を信じて殺人を行った信者を食い止めるすべはなくなります。自分の内なる良心に照らしてみて、どうしてもおかしいものはおかしいと、勇気を持って立ち上がるものがいなければ、間違った宗教を正すすべはなくなります。

<希望のブログ>

種村トランスパーソナル研究所「希望のブログ」を始めました

心理学の専用のブログです。
関心のある方は、下記へアクセスください。
http://tanemura2013.blogspot.jp/
 
<ご連絡ご相談はこちらまで>
種村トランスパーソナル研究所
メールアドレス:tanemura1956@gmail.com
電話:09080518198


0 件のコメント:

コメントを投稿